◆ 目を背けられない現実 ◆






病気が発覚した日

腎臓に針を刺して組織を採って検査して頂きました

病院内の検査ではまず悪性リンパ腫だと思うとの診断でした


専門のセンターにも組織を送るのでそれではっきりと結果が出るが

結果に一カ月程かかるのでそれまで待てない

治療を始めましょう


でも診断が違う場合は治療に効果がない場合もあります

と説明されました



私は治療も始めて頂く様に

そして検査センターにも調べて頂ける様にと

お願いをしました



《一縷の望み》
をもっていました

もしかして悪性リンパ腫ではないかもしれない

もしかして診断は間違えでミルクは大きな病気ではないかもしれない

もしかして

もしかして

いや、間違えであって欲しい







先日検査結果報告書を頂きました


やはり悪性リンパ腫(B型)でした



遺伝子検査もして頂いていました

難しい言葉が並んでいますが

動物医療センターの診断に間違いはなかったという事です





IMG_4260_1.jpg 




現実を叩きつけられました

頭ではわかっている事でも

こうして活字で証明されると

大きな衝撃がはしります




IMG_4289_1.jpg 






いろんな事が一気に押し寄せてきて・・・

対応できない・・・

身体が鉛をぶら下げているみたいに重い・・・

喉がつかえているみたいに息苦しい・・・


ミルクが頑張ってくれているのに

こんな事ではダメだ



頑張らなければ

頑張らなければ














●ランキングに参加しています●
バナーをクリックして頂けたらとっても嬉しいです!


にほんブログ村 猫ブログ シンガプーラへ
にほんブログ村

Comment (2)

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/23 (Thu) 11:11 |  | 編集 | 返信 | 

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/23 (Thu) 11:57 |  | 編集 | 返信 | 
非公開コメント