◆◇ 悲しい過去 ◇◆

昔の事なのではっきり全てを記憶している訳ではないけど、
覚えている範囲で書きたいと思います。

両親は動物が好きで、いつもワンちゃんも家族の一員でした。
なので私は完全な「犬派」でした。
もう20年ほど前の事です。
OLの頃、ワンちゃんを飼いたくて当時関西最大級のペットショップで
ミニダックスちゃん♀を購入し家族に迎えました。
当時はまだまだ金額も高く、30万円を超えていたと思います・・・。
お名前を「パディー」とつけました。

お迎えした時に感じたのは、仔犬に着けられた香水の匂いに違和感を覚えました。
翌日くらいから元気がなく心配になり、動物病院に連れて行きました。

まず耳の中が非常に汚れていて悪臭がするとの事でした。
ノミも体に居ました。
加えて、お腹の中にコクシジウムという原虫が沢山いました。

当時我が家では数年ペットを飼って居なかったため、
ペットショップで蔓延していたのでしょうと獣医師の話がありました。
いずれにしても早急に治療をしなければいけないとの事で、
治療が始まりました。


ですが、治療の甲斐なく、パディーは我が家に来てわずか2週間足らずで命を落としてしまいました。
今ではちゃんと治療をすると完治できるのかもしれません。
多分当時は今のように良い薬がまだ無かったのかもしれません。。
手遅れだったようです。。

獣医師は私が連れて帰っていなかったら、

~ペットショップで孤独に死んでいたでしょう。せめて名前を付けてもらって、
たった2週間でも家族に迎えられ可愛がられて幸せだったはずです。~

とおっしゃって下さいました。

私は本当にショックで、獣医師の診断書を持ってペットショップに相談しました。
でも、契約したその時から仔犬はお客さんのものなので、
ペットショップには落ち度はないとの事でした。

血統書があれば同等の仔犬を半額で提供できるが、
あまりに死ぬのが早く、まだ血統書も出来ていない状況なので、
保証は一切ありません!と言われました。


当時はまだ私も若く、何も言い返す事も出来ずにそのままになってしまいました。
パディーが亡くなった当時の事をどうしても思い出すことが出来ない。。
悲しい記憶が蘇らない・・・。

この事があってから、ペットを迎える事が怖くて出来なくなりました。<続く・・・>






にほんブログ村 猫ブログ シンガプーラへ
にほんブログ村   ポチッとお願いします。




Comment (-) (0)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。