ブリーダー②モモの病気

モモはやってきた時から耳がかなり汚れていて、よく体をかいていました。
それにくしゃみをしていて、そのうち鼻水も飛び散るようになりました。

心配になったのですぐに獣医さんに診てもらいました。
するとモモは病気だと言われました。

「皮膚真菌症」です。 いわゆるネコカビですね・・。
耳にはもうかさぶたが取れたようなアザもありました。
全身に数箇所かさぶたっぽい隆起したものが見つかりました。
どう見ても昨日今日出来たものではないし、人にも感染するよと言われました。

獣医は、ブリーダーさんならここまで症状が出ているし必ず気付くはずだけど。。。
信じられない!と驚かれていました。 (もしかして・・・確信犯・・・?)

それなら他のブリードされているネコ達にも感染しているはずとの事で、
慌ててブリーダーさんに連絡を入れると、しばらくして、実はモモの姉妹の子も今、真菌の
治療中で里親さんにはまだ渡せない状態だと教えて頂きました。・・・。


正直ショックでした・・・。
姉妹ネコちゃんが発病していたのであれば、モモの様子もちゃんと注意して
見て頂きたかった。。 (やっぱり確信犯・・・?)

鼻水やくしゃみは真菌のアレルギーなのかどうかはまだ解からないけれど、
ネコ風邪なら一生キャリアを持ち続けますと言われました。

結局モモは真菌の治療をして頂き、鼻水も時間はかかりましたが治りました。

でも体をよく掻く原因は未だ解からず、以来ずっと受診していますが、今現在でも
痒いようです。
いろいろな検査をし、お薬や保湿剤・シャンプー等を試したり、食事を栄養管理食に変えたり、
獣医と相談しながら試していますが、痒いようで本当にかわいそうです。。。
一時のひどい痒みよりはマシになっているようですが。。。
生まれ持った体質なのでしょうか・・・。




当時のモモです↓



momo_0006_mini.png 








にほんブログ村 猫ブログ シンガプーラへ
にほんブログ村   ポチッとお願いします。




Comment (-) (0)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。